ツキがなかったで終わると思っていた

初めて吹田サッカースタジアムへ参戦した試合はドローに終わった。

https://www.instagram.com/p/BRz0HwjDMHW/


ゴールが決まらない!

攻めて攻めて攻めまくっても一向にゴールが決まらない!
ポストやバーにことごとく跳ね返される。

それどころか前半は完璧に抑え込んだのに、また右サイドの守備がまずくて(マークを簡単に外されてかつ競り負けてる中央部もどうかとは思うが)、今野にドンピシャでクロスボールに飛び込まれて先制点を奪われる。

またビッグマッチを落とすのか。
昨秋でガンバ大阪相手には吹っ切れたと思ったのに、また逆戻りか。
そう思っていたら最後の最後でペナルティエリア内で倉田がハンドでPKをGET。ラファエル・シルバがしっかり決めてやっと1点が入ってドローになったところでタイムアップ。

https://www.instagram.com/p/BRz_FBfDGuV/

ただ、勝ちたかった。

今のガンバは大森、阿部のSH2枚が欠けてどう攻撃しようか模索している最中で、誤解を恐れず言えば前線頼み。そんな状態だったから勝ち点3を獲るには絶好のチャンスだった。

ガンバ大阪にはほとんど何もさせなかったと言ってもよかったと思われる。アデミウソンと長澤を槙野と遠藤航が完璧に封じ、遠藤は柏木がマークについたことで起点にさせず。攻撃のポイントを浦和レッズはよく研究し、3-4-1-2という慣れない形でも攻撃力をそれなりに維持した状態で何度もチャンスは作り出した。

https://www.instagram.com/p/BRz-91wj9g7/

浦和はACLの上海遠征に帯同しなかった右サイドの関根を活かしたい意図が見えたが、藤春が欠場しているにも関わらず攻略できず。昨秋のリーグ戦では駒井が藤春をケチョンケチョンにしており、ミシャもその再現を狙ったのかもしれないが、そうはうまくいかず。関根よりもガンバ相手には駒井という選択を秋はするかもわからない。

また、柏木トップ下でラファエル・シルバと興梠を並べる2トップの戦術が効果的だったのは今後を考えると大きいかも。武藤がいまいちな時、相手が引いた時などピッチ内でなんとかしなければいけない状況になってもこういうチェンジができれば、相手も混乱するしすぐに手を打てるようなものではないのだから。

ただ、心配な点もある。

西川のキック精度が急降下しているのは疲労が原因なんだろうか?ACLでもミスキックから失点したが、この試合も相手に渡ってあわやってシーンがあった。後ろからの組み立てがこのチームのストロングポイントであり、ミスキックであっさり相手にボールが渡るとカウンターを食らって失点するリスクも増える。

さらに今回も右サイドをえぐられた。森脇がずっとフル出場しており疲労があるのは否定できないが替えがいない。遠藤を右に回して那須起用、もしくは柏木と青木でボランチ、阿部をリベロに回すなどここもローテーションする必要があるように思う。ミシャはどう考えているだろうか?