しんどいのはずっと先。今から全力疾走してどうする

ゼロックススーパーカップは夜になってからざっと流れを追った程度。辛口な意見もTwitterで見たが、プレシーズンマッチである事に変わりはないしこれから数週間タイトなスケジュールが続く事を考えたら、今で良かったねとしか思わない。キャンプの疲れも今頃どっと出る今、ACLやリーグ戦に向けてコンディションを戻さなければならない時期でもある。これがずれ込むと当然勝ち点を少なくない数失うことにもなる。

ただ、それでも遠藤と西川の連係ミスで決勝点を奪われたのは猛省すべき。去年あれだけ後方での緩いパス回しを狙われ続けたのにあまりにも軽率なプレー。詰めてしっかり決めた鈴木は大したもんだし、鹿島の相手がスキを見せたら一気に突くソツのない姿勢の賜物ではあるのだが。

また、失点こそないが最終ラインの不安定さも気になる。同じようなやられ方なのは顔ぶれが変わらないからなんだと思うけど、一番層が薄いここを補強しない意図がわからない。阿部を下げる選択肢を含めてもリベロはいる。問題は左右。

あとは1トップのズラタンで全然ボールが収まらない事。状況次第だけど、今季1トップに据えるのはもう諦めた方がいいのではないかとすら思う。コンディションの問題とは別なんじゃないのかなぁ…。

鹿島も決していいとは言えなかった。特に2-0からあっさり追いつかれたところを見るとらしさは全くなかった。うちに比べれば課題は少ないように見えるので戦術面では全く心配はないが、オフが短かった事がフィジカル面で必ず後々効いてくると思っている。去年のガンバがそうであったように。