今度こそシャーレを掲げ、そしてCSへサヨナラしよう。

「鹿島る」という言葉がある。

その解説は岩政先生が自身のブログで解説されているようなので読んでもらうとして、この試合で試合をうまくコントロールし、特に後半「鹿島ってた」のは浦和レッズの方だったように思う。狙いを11人+ベンチで共有して、相手のやりたいサッカーをさせない強さを見せる事ができた。

今までの浦和であれば間違いなく前掛かりになり、たとえゴールが決まっても相手のカウンターを食らって追いつかれたり逆転されるといった試合になったと思う。きっと川崎相手ならばそんな感じだったんじゃないだろうか。

しかし鹿島と対戦する時、浦和は割と落ち着いた試合展開になる。

この日の浦和は2週間以上試合から遠ざかった事もあり、立ち上がりから前半終了にかけてはかなり慎重に入ってペースを取り戻すリハビリみたいな時間だった。遠藤、槙野、森脇の3バック+阿部が細心の注意を払いながらもカウンターを食らわない、危険な箇所でボールロストしない(パスの精度が悪くボールロスト自体は多かったが)が徹底されていたように思う。槙野も森脇も守りに徹し、リスクを冒してサイドを突破するような動きは見られなかった。

https://www.instagram.com/p/BNY_oJbBJMP/

それもあってか攻撃面は2週間以上開いた日程で試合勘が鈍っており、パスの精度やシュート精度がいまひとつ。ポジションチェンジがほとんどなく、前線との距離感が良くなかったせいかなかなか決定機が作れなかった。もちろん柏木が永木のマークに苦しんだり、肝心な場面できっちり守り抜いた鹿島DF陣の奮闘に苦しんだのも間違いない。

ただその中で別格の働きだったのは興梠。体を張って時には下がってボールを受けたりして強かった鹿島時代のような動き。ペナルティエリア内で西に倒さてPKを得た場面の駆け引きなんかは完全にそれ。鹿島アントラーズを熟知した選手にうまくつけこまれてしまった時点で西の負け。興梠は西に「お前若いな。」と話したそうだが、まんまと興梠の思惑にはまってくれたのだ。

そのPKを落ち着いて阿部が決めて1-0。この時点でまだ30分近くあったが、浦和は駒井→関根、武藤→青木、興梠→ズラタンと攻撃的かついつも通りな交代。しかし、2点目を積極的に取りに行くというよりは、あわよくばくらいな感じ。それよりも失点しない事が最後まで徹底されていた。

鹿島はらしくない焦り方をしていたように感じた。それは2つ。1つは小笠原が交代する興梠に早く出ろと促していた事、もう1つは後半ATの曽ヶ端の冷静さを欠いた動作だった。いつもなら冷静かつしたたかに戦ってくる鹿島のキーの2人が明らかに浮足立っていた。

今の鹿島は弱くはないが、かつての強さややりにくさはそれほど感じない。今の浦和が落ち着いて戦えば十分倒せる相手になった。

https://www.instagram.com/p/BNY7HmQh5hF/

 この試合の家本主審のジャッジについては辛口な声が多い。


両チームミスが少なくなく、全体的にプレーが荒くなっていたのは事実だった。プレーを切ってしまいがちではあったが、それでも切られても仕方ないレベルのファールを双方していたし注意もされていた。


個人的な結論としてはこれ。審判との駆け引きでもあってジャッジの傾向や意図を理解して対応できているかが問われたのだと思う。必要以上に悪く言われているのと過去を引っ張り出されて気の毒である。きっとこれが逆ならこれ程大きな話題にもならなかっただろう。

土曜の第2戦はホーム埼スタ浦和レッズに10年ぶりのリーグタイトルをみんなで引き寄せよう。