読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャパンC

競馬

ジャパンカップの傾向を先に書いておくと

今年のポイントは一番最後かなと思っている。逃げ切りが極めて難しい府中の2400でキタサンブラックは逃げるのか、逃げた場合に逃げ切れるのか、だ。

答えは逃げ切れない。何かに差されると予想する。

比較的緩い流れに持ち込んで押し切る競馬をしてきたキタサンブラックに向きそうな展開だが、後ろにゴールドアクターとかリアルスティールあたりがマークして常にプレッシャーは掛かる。楽に逃げられるという感じではない。2番手評価としたい。

本命は前述のリアルスティール天皇賞・秋の時も本命を打ったが、安田記念の不可解な惨敗と夏負けの影響で毎日王冠を使えず休み明けが嫌われたのか7番人気と人気薄だった。装鞍所で大暴れした想定外はあったようだが、レースでは外から差してモーリスの2着。1800~2400くらいがこの馬の適性だと思っていて、叩き2走目の今回のここに狙いを定めてきたと思われる。外枠を引いた割に人気になっているが、究極の上がり勝負にでもならなければ長くいい脚が使えるこの馬に向く。中団あたりにつけて真っすぐ伸びてくればキタサンブラックは交わせると思っている。

ディーマジェスティは輸送と3000の距離が菊花賞の敗因か。この馬の適性は2000~2500だと思うので立て直して2キロの斤量差を生かしたい。

ゴールドアクターの狙いは有馬記念連覇よりこっちのような気がする。府中適性も悪くなく確実にこの距離は合う。仮に馬場が渋ってもプラスにできるタイプ。1着まで突き抜けるならこの馬かもしれない。

リアルスティール
キタサンブラック
ディーマジェスティ
ゴールドアクター
サウンズオブアース
シュヴァルグラン
△イラプト