読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツキがなかったで終わると思っていた

初めて吹田サッカースタジアムへ参戦した試合はドローに終わった。

https://www.instagram.com/p/BRz0HwjDMHW/


ゴールが決まらない!

攻めて攻めて攻めまくっても一向にゴールが決まらない!
ポストやバーにことごとく跳ね返される。

それどころか前半は完璧に抑え込んだのに、また右サイドの守備がまずくて(マークを簡単に外されてかつ競り負けてる中央部もどうかとは思うが)、今野にドンピシャでクロスボールに飛び込まれて先制点を奪われる。

またビッグマッチを落とすのか。
昨秋でガンバ大阪相手には吹っ切れたと思ったのに、また逆戻りか。
そう思っていたら最後の最後でペナルティエリア内で倉田がハンドでPKをGET。ラファエル・シルバがしっかり決めてやっと1点が入ってドローになったところでタイムアップ。

https://www.instagram.com/p/BRz_FBfDGuV/

ただ、勝ちたかった。

今のガンバは大森、阿部のSH2枚が欠けてどう攻撃しようか模索している最中で、誤解を恐れず言えば前線頼み。そんな状態だったから勝ち点3を獲るには絶好のチャンスだった。

ガンバ大阪にはほとんど何もさせなかったと言ってもよかったと思われる。アデミウソンと長澤を槙野と遠藤航が完璧に封じ、遠藤は柏木がマークについたことで起点にさせず。攻撃のポイントを浦和レッズはよく研究し、3-4-1-2という慣れない形でも攻撃力をそれなりに維持した状態で何度もチャンスは作り出した。

https://www.instagram.com/p/BRz-91wj9g7/

浦和はACLの上海遠征に帯同しなかった右サイドの関根を活かしたい意図が見えたが、藤春が欠場しているにも関わらず攻略できず。昨秋のリーグ戦では駒井が藤春をケチョンケチョンにしており、ミシャもその再現を狙ったのかもしれないが、そうはうまくいかず。関根よりもガンバ相手には駒井という選択を秋はするかもわからない。

また、柏木トップ下でラファエル・シルバと興梠を並べる2トップの戦術が効果的だったのは今後を考えると大きいかも。武藤がいまいちな時、相手が引いた時などピッチ内でなんとかしなければいけない状況になってもこういうチェンジができれば、相手も混乱するしすぐに手を打てるようなものではないのだから。

ただ、心配な点もある。

西川のキック精度が急降下しているのは疲労が原因なんだろうか?ACLでもミスキックから失点したが、この試合も相手に渡ってあわやってシーンがあった。後ろからの組み立てがこのチームのストロングポイントであり、ミスキックであっさり相手にボールが渡るとカウンターを食らって失点するリスクも増える。

さらに今回も右サイドをえぐられた。森脇がずっとフル出場しており疲労があるのは否定できないが替えがいない。遠藤を右に回して那須起用、もしくは柏木と青木でボランチ、阿部をリベロに回すなどここもローテーションする必要があるように思う。ミシャはどう考えているだろうか?

勝ちは勝ち。次もこんな感じで

さすがにJ2の昇格プレーオフを勝ち上がって戻ってきた相手からこの時期に勝ち点を取りこぼすのは許されないだろう。内容的にはほぼ圧倒し続けて3-1。中2日、3日が続いている浦和レッズとそうではないセレッソ大阪。コンディションの差を考慮しても圧勝であった。

スポニチに山口蛍のコメントがあった。

「完敗かなと思う。今の段階で浦和に対してどれだけできるか、という中で、これだけしかできなかった」


 昨季、J1で最も勝ち点を積み重ねたチームの強さを肌で感じ、山口は淡々と振り返った。前節は磐田を完封した守備が、浦和の相手に崩され破綻。攻撃に出ようにも前に人数をかけられず、DFヨニッチがCKから今季初得点を決めたとはいえ、1―3というスコア以上の力の差を見せつけられた。

C大阪 敵地で洗礼3失点…完敗も“軽快”山村が光明― スポニチ Sponichi Annex サッカー

「これだけしかできなかった。」は的確だと思う。うちから見せば「あれしかさせなかった。」になる。

浦和は終盤の残り10分を除けばシュートをほぼまともに打たせなかった。CKで槙野がヨニッチのマークについているのにあっさりかわされて失点の場面とクロスボールに山村に合わせられそうになった場面くらいで済んだのはDF陣とボランチ2枚がよく頑張った成果。緩い横パスをカットされたり高い位置でボールロストしてあわやって場面はあったけれど、それも他の選手が懸命にカバーに回って最悪の事態は回避できていた。

https://www.instagram.com/p/BRNCUzxDu4Z/

攻撃面だと柏木不在がどの程度影響するかが気になっていた。FCソウル戦でも不在で5得点していたが、広角に長短織り交ぜたパスを供給できるゲームメーカーを欠くと攻撃のバリエーションが単調になりがちで苦戦することが多かった(それだけ柏木頼みだった)が、今年は違う。青木の縦へ突き進む良さが出てきた。元々ちらすパスは出せる選手で、もっと中へ駆け上がってほしいと思っていたがその回数が増えてきた。ラファエル・シルバの3点目が生まれた場面なんかがそのいい例で、パスで崩すだけじゃなくて自分で運んでシンプルに決める。パスでこねくり回してシュート打たんのかい!といら立つ事も多いが、こういうプレーが増えて決定力があると脅威になってくるはず。

https://www.instagram.com/p/BRNXNydD_3h/

足元がおぼつかなかった武藤も遠藤の縦パスから低く速いシュートでゴールを割った。シュートの質でいえば今季ベスト3にもう入るかもしれない。興梠の2点目はらしいごっつぁんゴール。それでもあの場所にいなければシュートは打てないので嗅覚は抜群だし相変わらず頼りになる。

浦和“お待たせ”1勝!過密日程何の攻撃陣爆発で5戦16発― スポニチ Sponichi Annex サッカー


中5日で次は甲府戦を迎える。ここも取りこぼしは許されないだろう。きっちり勝ち点3を取りに行こう。

しんどいのはずっと先。今から全力疾走してどうする

ゼロックススーパーカップは夜になってからざっと流れを追った程度。辛口な意見もTwitterで見たが、プレシーズンマッチである事に変わりはないしこれから数週間タイトなスケジュールが続く事を考えたら、今で良かったねとしか思わない。キャンプの疲れも今頃どっと出る今、ACLやリーグ戦に向けてコンディションを戻さなければならない時期でもある。これがずれ込むと当然勝ち点を少なくない数失うことにもなる。

ただ、それでも遠藤と西川の連係ミスで決勝点を奪われたのは猛省すべき。去年あれだけ後方での緩いパス回しを狙われ続けたのにあまりにも軽率なプレー。詰めてしっかり決めた鈴木は大したもんだし、鹿島の相手がスキを見せたら一気に突くソツのない姿勢の賜物ではあるのだが。

また、失点こそないが最終ラインの不安定さも気になる。同じようなやられ方なのは顔ぶれが変わらないからなんだと思うけど、一番層が薄いここを補強しない意図がわからない。阿部を下げる選択肢を含めてもリベロはいる。問題は左右。

あとは1トップのズラタンで全然ボールが収まらない事。状況次第だけど、今季1トップに据えるのはもう諦めた方がいいのではないかとすら思う。コンディションの問題とは別なんじゃないのかなぁ…。

鹿島も決していいとは言えなかった。特に2-0からあっさり追いつかれたところを見るとらしさは全くなかった。うちに比べれば課題は少ないように見えるので戦術面では全く心配はないが、オフが短かった事がフィジカル面で必ず後々効いてくると思っている。去年のガンバがそうであったように。

フェブラリーS

ゴールドドリーム

ベストウォーリア

サウンドトゥルー

コパノリッキー

△カフジテイク

 

本命はゴールドドリーム武蔵野Sタガノトネールに逃げ切られたが、追ってくる脚は府中マイルなら勝てるかもしれないと思わせた。更に外から豪脚を発揮したカフジテイクは頭までは厳しいと見る。

 

それならば根岸Sで1ハロン短いながら頑張ったベストウォーリアを上に見る。この2頭から

初詣~善光寺~

正月休みが明けてからは仕事に追われっぱなし。

だんだん視野も行動範囲も狭くなって、ほぼ週末は家にいるか出ても県内(もっと言えば市内)だけで過ごしていた。金曜の夜はなるべく早く寝て、土曜も日曜も体力の温存と称してほぼ引きこもる。しんどくなってくるとなりがちであまり健全とは言えない。私自身の悪い癖で直そうとは思っているが、なかなかすぐには難しいようだ。

そんな状況の中、所用で長野へ行く機会があった。

https://www.instagram.com/p/BP1dmIylwnI/

数年ぶりに善光寺に行ってみた。正月休みに神社や寺には行っていないので、これが初詣になる。

日曜だった事もあるが雪が10㎝以上は残っている状態でも観光客は多く、駐車場はいっぱい。意外に地元ナンバーの車が多い事には驚いた。観光地の駐車場に行くと停まっている車のナンバープレートをついつい見てしまうのだが、こういう場所で地元が多いってそんなにない気がする。地元の誇りでもあるのだろうね。

https://www.instagram.com/p/BP1Ud9pFiRO/

外国人も多く、門前町も賑やかだった。帰りにそばやら野沢菜やらを購入。

遅い昼食は久しぶりにうなぎを食べた。

https://tabelog.com/nagano/A2001/A200101/20001922/

善光寺の裏(北側?)にある住吉でうな重を。
極力食べ物の写真を撮らないようにしてるのでリンク先から見てほしいが、ここ最近食べた中では一番うまいうなぎだった。ふっくら蒸した肉厚のうなぎをじっくり焼いたうな重は最高!値段も高い訳ではなく大満足だった。

甘いたれが苦手な人やふっくらしたうなぎが好きな人には合う店だと思う。

夕方には自宅に帰って来たが、いい気分転換だった。やっぱり遠くに行くとか誰かに会うとかいう行為は大事だなと再確認した。

明日は雨予報だけどどっか行ってみよう。近場でもいいから。

新春初競馬~京都金杯~

もう1週間近く経とうとしていますが、本年もよろしくお願い致します。
新年早々風邪を引き長引いています。

体調不良の中、5日に京都へ初詣に行って来ました。
といっても淀ですが。

https://www.instagram.com/p/BO3RQLNhun8/

入場口も正月飾り。

例年通りの平日なら中山もしくは家。しかし今年は京都金杯エアスピネルが出走という事で、仕事始めの4日の夜に職場から京都へ新幹線で入りやってきました。

https://www.instagram.com/p/BO3WhbshQHt/

半数近くが仕事始めであろう5日になんで3万超えするのかよくわかりません。学生や老人はともかく、そんなに平日休みの人は多くないはず。みんなこの為に仕事休んできたのかな…。

f:id:underthemoon82:20170107224528j:image

京都金杯は◎エアスピネルが1番人気と私の期待に応えて着差以上の快勝。多少ロスする外を回したものの、この日一番伸びる内から4、5頭目あたりを突いた武豊はさすがでした。有力馬がドバイを狙うのであれば大阪杯は面白いんじゃないかと思うのですが、次走はどこを狙って来るでしょうか。

馬券自体は年初にしては珍しく絶好調。

京都2Rの三連複が新年初当たりで中山3Rで初万馬券。その後も配当は安いもののぼちぼち当たり、中山金杯が◎ツクバアズマオー→○クラリティスカイ→▲シャイニープリンスで入って三連単・三連複がドハマり。4着△シャドウパーティーも持ってたのでこっちの方が良かったけどそううまくはいかず。

京都金杯も◎エアスピネル→△ブラックスピネルの馬連トリガミは回避。

f:id:underthemoon82:20170107224545j:image

 昨年は最終週を残して回収率96%。100%超えが十分ありえたのに、有馬記念当日がさっぱりで結局91%までダウン。今年は馬券の買い方を臨機応変に組み合わせていきたい。

 

あっという間にあと1日

明日は大晦日。2017年がすぐそこまでやってきた。


伊集院さんに共感。
全く同じで思い出そうとしてもほとんど覚えていない。いい事も悪い事も忘れている。つまりは大した事はなかったんだと思う。

当たり前っちゃ当たり前なのだが、やり残した事だけははっきり覚えている。忘れたい事もあるのに。その中で特に悔いが残るのは2つ。

1つはやはり浦和レッズのリーグ優勝が叶わなかったことだ。自力だけでは全くどうにもならないが、このチームで優勝したかった。それだけが12月30日になった今でも残念だ。来シーズンこそは。年間勝ち点1位=優勝になるのだから。

もう1つは年間を通して運動らしい運動をしっかりできなかった。来年はジムに通って週に2日くらいがっちり体を動かさないと健康上もやばそうだ。もう若くはないので気をつけないと後が怖い。

こっちは明日からでもできるけど、元日、いや10日頃から…。とりあえず連日飲んでる酒を断つところから始めようか…。


今週のお題「2017年にやりたいこと」