スポーツ紙は消滅寸前?

私はスポーツ紙が大好きだ。

一般紙も読むので正しく言えば新聞が好きなのかもしれない。
記事の内容が横並びな感じが好きではないが、それでも嫌いにはなれない。
好きな記者だって数名いる。

今は各社のサイトやYahoo!ニュース等で多くの記事をタダで読む事ができるが、そんな環境があっても140円を払い新聞を買う事が多い。バックナンバーを取り寄せる事もちょいちょいある。年間でいくら払っているだろうか。おそらく福沢諭吉が1人では足りない。

そんな中、先日こんな記事をTwitter経由で読んだ。それについて書き残してみたい。

スポーツ新聞は消滅寸前? 僕が見た内部事情 | ジャーナリスト松田隆 公式サイト

部数減少はいろんな要因があるのだろうが、家庭で読まれなくなったのが大きいと思う。経済的余裕がなくなったことで、ファーストチョイスであろう一般紙を定期購読している人が減ってるのにセカンドチョイスのスポーツ紙が増えるわけがない。それ以外にもマスコミへの不信感などもあるだろう。

それでもYahoo!ニュース等を通してインターネットでスポーツ紙の記事を目にする機会は以前よりも増えたのではないだろうか。今までスポーツ紙を読んでなかった人でも気軽に目にする事ができるようになったはずだ。また、締め切りの関係でいわゆる早版しか届かない地域でも最終版の記事を読めるようにもなった。読者に届かせるという意味だけで考えれば部数減を補えるくらいの状況にはなっていると思う。それでいて記事内にあった「誰も読んでない」はないだろう。

また、紙面構成にも触れられていたが、以下のような記載があることからも野球に興味ないよりはアンチ野球なんだろう。

プロ野球なんて今ではほとんど見向きもされないコンテンツであるが、相変わらずプロ野球におんぶに抱っこの紙面作り。」


観客動員数が上がり続けている業界を「ほとんど見向きもされないコンテンツ」呼ばわりするのは根拠もないしただの個人的嫌悪感を剥き出しにしているだけ。ここだけは全く共感できない。自分は関心がないだけでいいし、「多くの国民もそうだろう」なんて勝手に国民を味方にするのは違う。

ただ、野球におんぶに抱っこの傾向にあるのは間違いない。読者層が野球に興味がある人が多いからだろうし、そこから脱却する気があるのかどうかは会社の方針だが、現実はそうなんだろう。個人ではどうにできるものでもないから、そこに不満がある気持ちは理解はできる。実際他のスポーツに関心がある層に買ってもらう努力を各社がしているようには私も思えない。

また、紙面の情報量の少なさを指摘していたが、野球に限って言えばシーズン中はほぼ毎日試合があるもの。それ以上広げようがないのも事実じゃなかろうか。締め切りの時間も紙面のスペースの関係も当然ある。移動で大した記事がない火曜日に一週間分まとめて分析する記事を載せてもいいかもしれないが、 そのニーズはあまりないかスポーツ紙には求められてないのだと思う。

もう少し「野球嫌いだ」を薄めて冷静に指摘できればよかったのに、個人的な感情だけが途中から出てしまって的をいた内容もあっただけに少し残念な記事だった。

そしてスポーツ紙がそういう状況だって分かってて、なんで入社して何十年も在籍したのか不思議で仕方ないという全く記事に関係ない感想まで持ってしまった…。

今日気になったニュースでも

今年のJ1の開幕カードが発表され、浦和レッズの1節はアウェーでベガルタ仙台、2節がホーム開幕で北海道コンサドーレ札幌、3節がアウェーで松本山雅と決まりました。

2019明治安田生命Jリーグ ホーム開幕カード決定のお知らせ|URAWA RED DIAMONDS OFFICIAL WEBSITE

残りの日程等は23日とのこと。
毎年のことながらさっさと発表せんかい!と思ってしまうのですが、もう少し早くならないものかなぁ。

そしてこれ。

雇用・労災保険、過少給付537億円 対象は1973万人 :日本経済新聞

賃金や労働時間を示す毎月勤労統計で不適切な調査があった問題で、厚生労働省は11日、同統計を基に算定する雇用保険労災保険の過少給付額が約537億円にのぼると発表した。対象者数はのべ1973万人。厚労省は過少だった全ての対象者に対して不足分を追加で給付する。

 雇用保険は近年の失業率の低下でたんまりプールされていると思うので、財源については特別困らないような気がしますが、それでも対象者が約1900万人いて280億払うってすごい。当然対象者が既に亡くなっていたりもするわけで、全員かつ全額給付にはならないのでしょうし。振込手数料だけでもバカにならないような。


私自身は再就職手当を2度もらったので、その基礎になっている金額に誤りがあったはずなので差額をくれるなら貰いますが、あまり期待はしてません。なんせ平均すると一人1,400円程度との事なので。

お題「最近気になったニュース」


 

初詣

神社仏閣ではなく中山競馬場で初詣。

約5万人の参拝客(来場者)があったそうで、例年よりも混んでいるように感じたのは気のせいではなかったようです。

https://www.instagram.com/p/BsPBKLdHvj2/

今年は初めて武豊騎手が中山金杯に乗りにきました。
武豊=京都のイメージがあったので来てもらえるのは大変うれしい事。 

https://www.instagram.com/p/BsPMdDZHHI5/

新年初騎乗のブルーエクセレンスに乗って芝コースに入る直前を撮ってみました。ダーレーの勝負服似合うなぁ。

https://www.instagram.com/p/BsPe0KRHU0z/

こちらはカーバンクルSを逃げて快勝したモズスーパーフレア

何か新しいことをやってみようと思って、何レースか馬の写真を撮ってみました。デジイチとかで本格的に撮ってみたい訳じゃなくiPhoneで。ど素人が撮ってもこんなに綺麗に写るので本当にすごい。



中山金杯も撮ってみましたが、こちらはインスタの方で興味がある方だけどうぞ。他の馬の写真もあります。

馬券はというと、まぁズタボロ。


賽銭いれすぎた。年末までに取り返します。

思い立ってすぐ行動

年末に帰省しなくなってから7年になった。「その必要がなくなった」が正しいのだが、故郷に戻ってからどれくらい経ったのか、このお題の文章を書きながら指を折って数えてしまった。あっという間だった気もするし、そんなに経ったのかという気もする。それでも今年は満足に休暇も取れずとにかく働いたのでもう12月30日かという思いだ。

GW以来のまとまった休みになった年末年始は毎年ほぼ9割がた自宅で過ごしている。近所の温泉に浸かりボーッとしたり、新年から履く靴を買いに行ったり、東京大賞典
やKEIRINグランプリを見て一喜一憂したり、いつもはできない昼寝をしたりとせっかくの長い休みを楽しんでいる。

それでも、やっぱり里帰りしたいなぁ。
できる環境に帰りたいな。帰れるように2019年頑張ろう。

お題「里帰り」